【WDW2016】持って行ってよかったモノ

2016年10月18日〜27日でウォルト・ディズニー・ワールドへ行ってきました!

色々なものを持って行きましたが、何が特に便利だったか、必要なかったか、をご紹介します。

WDW デイジー グリ

持っていってよかったもの 〜WDW〜

モバイルバッテリー

これが持って行ってよかったものNo.1でした!

実際WDWへ行ってみると、自分で作った予定表的なものは一切見ることがなく、My Disney Experienceアプリを使いまくりました。どんなことに使ったかというと・・・

  • アトラクションの待ち時間の確認
  • 現在地と目的地の確認
  • ショー、パレードの待ち時間の確認
  • キャラクターグリーティングの場所と実施時間の確認
  • パークの開園時間と閉園時間の確認
  • ファストパスの時間の確認
  • 予約したレストランの時間の確認
  • 飲食店の場所とメニューの確認
  • レストランの予約確認
  • フォトパスの写真の確認

などなど・・・。とにかく何度も何度も見まくりました。

しかしこれを使うことによって、iPhoneの電池の減りが早い早い。私はWDWで自由に使える公衆Wi-Fiを使っていたのですが、電波が途切れることが多く、そのせいだと思うのですが、非常に電池の減りが早かったです。ひどい時はお昼には20%以下に。。。

そんな状況でしたから、モバイルバッテリーは欠かせませんでした。

私は大容量のバッテリー(iPhoneが2回以上充電できるもの)と、小型のバッテリー(iPhoneを1回くらい充電できるもの)を持って行ったのですが、小型のバッテリーだと1日持たない日が何日かありました。

WDWでMy Disney Experienceアプリを使う予定があるなら、モバイルバッテリーは持って行った方がいいです!できれば大容量、あるいは小型を2つなど。本当にオススメです!

もし持って行くのを忘れてしまった場合、モバイルバッテリーの充電し忘れ・充電切れが心配な場合などは、FuelRodという選択肢もあります。

Fuel Rod WDW モバイルバッテリー

このFuelRod、私もWDWに行くまでは存在自体知らなかったのですが、最初に小型のモバイルバッテリーを購入すれば、FuelRodのkioskでいくらでもチャージ済みのモバイルバッテリーと交換できるという、めちゃくちゃ便利なサービスらしいです。

FuelRodのサイトに使い方の動画や説明があるので、気になる方はチェックしてみてください。サイトでは、初回の購入が20ドルと書いてあるのですが、私がハリウッドスタジオで見たkioskには30ドルとあったので、WDW価格なんでしょうかね???

WDW News Todayの記事によると、マジックキングダムに3箇所、エプコット、ハリウッドスタジオ、アニマルキングダムにそれぞれ1箇所、ディズニースプリングスに2箇所、kioskがあるらしいです。

ちなみにWDWのお土産として、小型のモバイルバッテリーも売っていました。画像はないのですが、ミッキー、ミニーデザインのものだったと思います。

日本で買ったディズニーグッズ

私も夫もディズニーが大好きなので、それぞれ東京ディズニーランド、ディズニーシーやディズニーストアなどで買ったグッズや服を身につけて行きました。

特に夫はドナルドのキャップ、メガネのフレーム、パーカー、Tシャツ、斜め掛けバッグ、ビーチサンダル、腕時計、ぬいぐるみバッジ(ぬいば)などなどを全部身につけて、さらにお気に入りのドナルドのぬいぐるみを持って、毎日パークへ行きました。

そのおかげ?で、いろんな人に声かけられまくり!私もデイジーちゃんのぬいばや缶バッジをバックパックにつけ、Tシャツを着ていたので、キャストさんに「そのTシャツいいね!」とはちょこちょこ言ってもらいましたが、夫は私の5倍以上声をかけられていたと思います。

「それ、どこで買ったの?WDWで買える?」「そのキャップいいね!」「そのパーカーいいね!」「ドナルドが大好きなのね〜!」「ドナルドならメキシコ館にいるよ!」「あなたはドナルドダックマンね!笑笑笑」などなど。

グリーティングではもちろんドナルドがリアクションしてくれましたし、Move It! Shake It! Dance & Play It! Street Partyでは、ドナルドの停止位置で楽しんでいたら、ドナルドが私たちに向けて目一杯動いてくれました。

夫は海外旅行自体が初でしたが、いろんな人に声をかけてもらい、海外旅行の楽しさの1つがわかったんじゃないかと思います。

夫は英語が全然できないので、私が夫の代わりに返事をすることも多々あったのですが、私自身はとてもいい英会話の練習ができました。

キャラクターからのリアクションが欲しかったり、英語を話したい人は、日本のグッズを持っていくと楽しいと思いますよ。

UVカットパーカー

急遽、成田空港のユニクロで買ったUVカットパーカーが大活躍しました。毎日、ほぼ一日中着ていました。

これのおかげで日焼けしませんでしたし、暑さ・寒さ対策できました。

パーカーにはフードがついてるのがいいですね。首の後ろの日焼けや暑さ対策になりますから。屋外にいる日差しが強い時間帯はフードをかぶっていました。

建物内が寒い時がありましたが、UVカットパーカーで問題ありませんでした。ただし、朝晩冷え込んだ時は、これだけではきつかったです。

メディキュット

WDWにメディキュットを持って行ってる人が多かったので、私も持って行きました。持って行って大正解でした!「寝ながらメディキュット」を履いて寝ていました。

いろんな方が旅行記などで、すごく疲れる、足が痛くなる、と書かれていますが、本当にそうでしたね。私はTDRによく行くので、大丈夫じゃないか?と思っていましたが、そんなことはありませんでした。履いて寝ることによって、翌日には足の疲れや痛みはリセットされました。

ただ、4日くらい過ぎると慣れてくるのか、大して足は痛くならなくなりました。それで1日履かずに寝てみたのですが・・・翌日足の裏が痛い!!!足の指と指の下辺りが痛過ぎる!まさか翌日に痛くなるとは思っていませんでした。

夫はメディキュットの代わりに休足時間を貼って寝ていたのですが、同じように1日サボったら翌日足が痛かったそうです。

もしかしたら、メディキュットを履かなかったせいで翌日痛くなったのではないのかもしれませんが、履いておくに越したことないと思います。

おやつ

普段食べているおやつ(私の場合は昆布や梅干し系のお菓子なんですが)、これが結構持って行ってよかったな、と感じました。

主に食事は予約したレストランでしていたのですが、それまでにお腹が空いてしまった時、そしてホテルに帰ってから寝るまでに小腹が減った時など、ちょこっと食べるのにちょうどよかったです。

パーク内で売っているスナックなどを食べるという選択肢もありますが、量や味が気になってしまう場合は持って行くといいかもしれません。

ちなみにホテルのフードコートやパーク内のスタバには日本でも売っているチップス(Lays)の小袋が売っています。

Evernoteのオフラインノート

モノではないのですが・・・。

私は“紙”をできるだけ持って行きたくなかったので、各種情報はEvernoteにまとめておいて、オフラインでも確認できる状況にしておきました。

どんなものをEvernoteに保存しておいたかというと・・・

  • 飛行機の搭乗スケジュール
  • ESTA申請番号
  • Not-So-Scary Halloween Party情報
  • Not-So-Scary Halloween Partyチケット
  • 海外旅行保険の契約証番号、契約確認書、ポケットガイド
  • ホテルの予約詳細、予約番号
  • マジカルエクスプレス(送迎バス)の予約番号

などなど。PDF、スクリーンショットなどで保存しておきました。あとは、ネット上で気になったWDW関連の情報をクリップしたり、メモしたり。

使う機会はないかな?と思っていましたが、空港、飛行機内などネットに接続できない時に役立ちました。

荷物をできるだけ減らしたい、紙は煩わしい、という人にはおすすめです!

Evernote

オフラインノートブックとは?

持っていってよかったもの 〜飛行機〜

クッション

長時間飛行機に乗るので、ダイソーで膨らませるタイプのクッションを買って持って行きました。

初めて使ったのですが、これが思いの外よかったです。帰りの飛行機で最初使わないでいてみたら、すぐにお尻が痛くなったのですが、クッションを下に引いておくと痛くない!たった100円でこの差はすごい!と思いました。

夫は行きの飛行機で、そのダイソーのクッションとフライトシートを併用して使っていたのですが、帰りの飛行機で使わなかったら、足がむくんで靴を履くのが大変なほどだったらしいです。

安いし、重くもないし、大してかさばりもしないので、長時間のフライトが気になる人は持って行ってみてはいかがでしょうか。

帰りの飛行機を乗り終えた後捨ててしまったので画像はないのですが、ダイソーのクッションの形は以下のヨックションという商品と同じような感じです。

S字フック

飛行機 S字フック 便利グッズ

飛行機 S字フック 便利グッズ

座席の前についているポケットにはモノが全然入らないので、S字フックは便利でした!

小さいバッグに、飛行機内で使うもの(アイマスク、ネックピロー、クッション、歯ブラシ、お菓子、飲み物などなど)を入れておいて引っ掛けておくと、機内で快適です。

カラビナでも同様に引っ掛けられました。

持って行けばよかったもの

モバイルWi-Fiルーター

私たちは持って行かなかったのですが、レンタルのモバイルWi-Fiルーターはやっぱりあったら便利だと思いました!

WDWはパークでもホテルでも、公衆無線LANが使えるので、なくても問題はないです。ただ、パーク内はよく切断されましたし、使えない場所もちょこちょこありました。

アトラクションやショー、パレード、バス待ちでWi-Fiが使えないとなると、やることがなくてつまらなかったり、My Disney Experienceアプリを使いたいのに使えなかったり。。。

常に安定したネット環境を用意しておきたいという人は持って行った方がいいと思います。ただその場合は、モバイルWi-Fiルーター用のモバイルバッテリーも持って行った方がいいでしょう。Wi-Fiルーターの端末の電池持ちがどれくらいにもよるかと思いますが。

SIMフリーのスマホを持って行く場合は、Wi-Fiルーターの代わりにプリペイドのSIMカードを使うのもいいかもしれません。現地で買うのに不安がある場合は、事前にAmazonで購入できます。iPhoneの場合は、Apple SIMという選択肢もあります。

メガネホルダー

日差しが強かったのでサングラスが便利だったのですが、室内に入るとかける必要がないのがサングラス。出したりしまったり頻繁にしてました。いちいちしまうのが面倒だったので、首から下げられるメガネホルダーがあったら便利だったかなぁ?と思いました。

いらなかったもの

水筒

10月だったからか、必要性を感じませんでした。

初日にマジックキングダムへ行った時、すごく暑くてペットボトルの水とスムージーっぽい飲み物を買い、飲み物対策しないとダメだ!と感じたので、翌日から水筒に氷と緑茶(持参した粉末のお茶使用)を入れて持って行ったのですが・・・飲みきらず。2日目、3日目、4日目、5日目・・・飲みきることはありませんでした。ちなみに300ml程度の魔法瓶でした。

最後の方は、飲みきらないし、重いし、ダイニングプランのスナックもあるし!ってことで持って行きませんでした。

夏の時期だったり、できるだけ節約したいっていう場合は持って行くメリットがあると思いますが、夏以外の時期だったり、できるだけ荷物を減らしたい、疲れたくないと考えるなら、持って行く必要はないかもしれません。

特にダイニングプランを使う場合は、スナックポイントを使えばいいと思います。私たちは最終的にスナックポイントが4回分くらい余ったので、こんなことなら最初から荷物減らして飲み物買えばよかったね、と話していました。

3日分の服と下着

毎日洗濯していた(手洗い+コインランドリー)ので、着て行った服+1日分で十分でした!

手洗いして室内干ししても、翌日パークから帰ってくると完全に乾いていました。

扇子

家にあった使ってない扇子を試しに持って行きましたが、全く使いませんでした。うちわ、扇子の類を使っている人は見かけませんでしたね。

ダイソーで買った扇子だったので、捨てて帰って来ました。

以上、参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク