付箋ジョッターを探しているなら保存するメモ帳を使うのはいかがでしょう?

付箋の持ち歩き、どうしてますか?

先日、付箋の持ち歩きには缶が便利だという記事を書きましたが、私にはもう一つ付箋持ち歩きアイテムがあります。

保存するメモ帳です!

保存するメモ帳とは

A4のコピー用紙を3回折り、表と裏で16ページのメモ用紙として使います。
全てのページを書き終えたら、時間のあるときにA4サイズに広げて、表と裏をさっとスキャンするだけ。

引用:SUPER CLASSIC 保存するメモ帳

ひらくPCバッグで有名なスーパークラシックの製品です。

本来ならA4の紙を折ってセットして使うモノですが、私はこれに付箋をくっつけて使っています。

この保存するメモ帳自体が小型軽量なので、持ち運びに非常に便利です。しかもペンをセットしておけるから、いざメモしようとした時に、ペンが見つからない!ということにならないのもいいです。

2種類の付箋がセットできる

私は保存するメモ帳に、強粘着タイプの75×75mm、75×25mmの2種類の付箋を貼り付けて使っています。

少量の付箋の携帯に便利で、ジョッター風に使えます。

付箋が外れてしまうということは今のところありませんね。

缶との使い分け

缶に入れた付箋は、外出先で仕事や勉強をする時、スケジュールを考える時に持って出かけています。

この保存するメモ帳はスーパークラシックのお財布ポシェットに入れて日々持ち歩いています。私のEDC(Every Day Carry)の1つ!

これを持ち歩くことでメモをとることが増えて、その結果、メモを取ることが習慣化できたといっても過言ではないかもしれません。

付箋の携帯方法でお困りの方、便利なので試してみてください。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク